読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Try .NET Core

.NET Coreを動かした、試した記録を書き残します。

Linux(CentOS7)で、ASP.NET Coreアプリのビルド自動化(2)

前回の続きです。必要なツール類を、概ねインストールできました。
今回は、ツールの初期設定から連携動作確認まで持っていきます。

Gitを入れてなかった

GitBucketでGitを受け付けるサーバは入ったのですが、コマンドラインツールのgitを入れるのを忘れてました。
Jenkinsが使うので、入れときます。

[root@centos7 ~]# yum -y install git
読み込んだプラグイン:fastestmirror
Loading mirror speeds from cached hostfile
  --- 中略 ---
  rsync.x86_64 0:3.0.9-17.el7

完了しました!

CentOS7側の hosts を編集

今のところCentOS7は検証環境なので、DNSによる名前解決ができません。
前回の開発用Windows機と同様に、/etc/hostsドメイン名を書き込んでおきます。

127.0.0.1   localhost localhost.localdomain localhost4 localhost4.localdomain4
::1         localhost localhost.localdomain localhost6 localhost6.localdomain6

# --- 下記行を追記 ---
127.0.0.1   dotnet.centos7.local git.centos7.local jenkins.centos7.local

名前解決、出来てますかね?

[root@centos7 ~]# ping dotnet.centos7.local
PING dotnet.centos7.local (127.0.0.1) 56(84) bytes of data.
64 bytes from localhost (127.0.0.1): icmp_seq=1 ttl=64 time=0.019 ms
64 bytes from localhost (127.0.0.1): icmp_seq=2 ttl=64 time=0.055 ms
^C
--- dotnet.centos7.local ping statistics ---
2 packets transmitted, 2 received, 0% packet loss, time 1000ms
rtt min/avg/max/mdev = 0.019/0.037/0.055/0.018 ms
[root@centos7 ~]# ping git.centos7.local
PING dotnet.centos7.local (127.0.0.1) 56(84) bytes of data.
64 bytes from localhost (127.0.0.1): icmp_seq=1 ttl=64 time=0.019 ms
64 bytes from localhost (127.0.0.1): icmp_seq=2 ttl=64 time=0.055 ms
^C
--- dotnet.centos7.local ping statistics ---
2 packets transmitted, 2 received, 0% packet loss, time 999ms
rtt min/avg/max/mdev = 0.019/0.037/0.055/0.018 ms
[root@centos7 ~]# ping jenkins.centos7.local
PING dotnet.centos7.local (127.0.0.1) 56(84) bytes of data.
64 bytes from localhost (127.0.0.1): icmp_seq=1 ttl=64 time=0.021 ms
^C
--- dotnet.centos7.local ping statistics ---
1 packets transmitted, 1 received, 0% packet loss, time 0ms
rtt min/avg/max/mdev = 0.021/0.021/0.021/0.000 ms
[root@centos7 ~]# ping localhost
PING localhost (127.0.0.1) 56(84) bytes of data.
64 bytes from localhost (127.0.0.1): icmp_seq=1 ttl=64 time=0.021 ms
^C
--- localhost ping statistics ---
1 packets transmitted, 1 received, 0% packet loss, time 0ms
rtt min/avg/max/mdev = 0.021/0.021/0.021/0.000 ms

大丈夫ですね。

GitBucketのセットアップ

GitBucketに、ASP.NET Coreアプリ用のリポジトリを作っておきます。

git.centos7.localにアクセスして、ログインします。 f:id:try_dot_net_core:20161204111801j:plain

まずは初期ユーザー root でログイン。
初期状態のパスワードは root です。 f:id:try_dot_net_core:20161204103058j:plain

このあと、

  • rootユーザーのパスワードを変更
  • 一般ユーザー「05rw」を追加
  • ユーザー「05rw」のリポジトリdotnet_sample」を追加

などなどをやりました。 f:id:try_dot_net_core:20161204111544j:plain

開発用Windows機上の ASP.NET Coreプロジェクトファイル一式を、Gitリポジトリに追加します。
f:id:try_dot_net_core:20161204112925j:plain

GitBucket上でも、追加されたファイルが確認できますね。
f:id:try_dot_net_core:20161204113242j:plain

Jenkinsのセットアップ

次はJenkins。
インストール手順は、ほぼこちらにあるとおりをなぞります。

jenkins.centos7.localにアクセスします。
初回アクセス時には、アンロック用文字列を入力が必要です。
f:id:try_dot_net_core:20161204113951j:plain

画面の赤字のパスにあるファイルを開いて、文字列をコピペします。

[root@centos7 ~]# cat /home/webroot/jenkins/data/secrets/initialAdminPassword
--- アンロック用文字列が、記号なし小文字のみの英数で表示されます ---

次はプラグインのインストール内容を選びます。
お勧め一式を入れてくれるそうなので、左側の青いボタンを選びます。
f:id:try_dot_net_core:20161204114717j:plain

プラグインのインストール進捗が全て終わると、管理者ユーザー設定になります。
f:id:try_dot_net_core:20161204115132j:plain

初期設定が完了すると、ダッシュボードが表示されます。
GitBucket連携用プラグインをインストールするため、「Jenkinsの管理」へ。 f:id:try_dot_net_core:20161204115820j:plain

リバースプロキシの警告が出ちゃってるんですが、どうにも直りませんでした。
ぐぐっても、JenkinsURLのポート指定解除くらいしか出てこない...?
放っといて、「プラグインの管理」に行きます。
f:id:try_dot_net_core:20161204120612j:plain

利用可能タブを開いて、フィルターに"Gitb"と入力すると。
出てきましたね、「GitBucket Plugin」
チェックを入れて「再起動せずにインストール」を選びます。
f:id:try_dot_net_core:20161204120906j:plain

成功したようですね。
f:id:try_dot_net_core:20161204121208j:plain

参考:
JenkinsとGitBucketを連携し、pushされたら自動的にソースを取得する(GitBucket Plugin)

Jenkinsにジョブを追加する

やることが無くてひまぷーなJenkinsさんに、早速お仕事を教えてあげましょう。
ふふっ、世の中は厳しいんだぜ。

改めてダッシュボードに戻り、「新規ジョブ作成」を選びます。
f:id:try_dot_net_core:20161204121452j:plain

ジョブ名称を入力して、「フリースタイル・プロジェクトのビルド」を選びます。
f:id:try_dot_net_core:20161204124858j:plain

ジョブの詳細設定を入力する画面になりました。
「GitBucket」セクションで、上で作ったリポジトリのトップURL http://git.centos7.local/05rw/dotnet_sampleを入力します。
f:id:try_dot_net_core:20161204122333j:plain

ソースコード管理」セクションで、同リポジトリのクローン用URL http://git.centos7.local/git/05rw/dotnet_sample.git を入力します。
エラー表示が出ます。「Authentication failed」とのこと。
認証情報も追加しましょう。
Credentials項目の「追加」メニューを押し、Jenkins を選びます。
f:id:try_dot_net_core:20161204123141j:plain

設定項目が沢山並んでますが、ユーザー名とパスワードだけ入力します。
f:id:try_dot_net_core:20161204123524j:plain

あれー?エラー消えてない?
追加した Credentials は、自動で選択してくれないようですね。
f:id:try_dot_net_core:20161204123725j:plain

「ビルド・トリガ」セクションで、「Build when a change is pushed ot GitBucket」にチェックを入れます。
f:id:try_dot_net_core:20161204123932j:plain

「ビルド」セクションで、「ビルド手順の追加」メニューから「シェルの実行」を選びます。
f:id:try_dot_net_core:20161204124143j:plain

シェルスクリプトを入力します。
f:id:try_dot_net_core:20161204152630j:plain dotnetコマンドrestore, build, publishのリファレンスを参考に、スクリプトを書きます。
build, publishには記述がありませんが、restoreと同様に第一引数にプロジェクトパスをセットできるようです。

Jenkinsはジョブを実行すると、[Jenkinsデータフォルダ]/[ジョブ名]/の下に、Gitリポジトリのファイル一式を展開します。
スクリプトで指定するパスは、そのあたりを念頭に置いて書きます。

dotnet restore /home/webroot/jenkins/data/workspace/dotnet_sample_build/src/WebApplication1/
dotnet build /home/webroot/jenkins/data/workspace/dotnet_sample_build/src/WebApplication1/
systemctl stop dotnet_sample
dotnet publish /home/webroot/jenkins/data/workspace/dotnet_sample_build/src/WebApplication1/ --configuration Release --output /home/webroot/dotnet_sample/bin
systemctl start dotnet_sample

やれやれ、やっとジョブ情報を入力しおわりました。
保存して戻ります。
f:id:try_dot_net_core:20161204131534j:plain

ジョブが出来ましたね!
f:id:try_dot_net_core:20161204131803j:plain

「ビルド実行」を試してみます。
左下のビルド履歴に進捗が表示され、しばらく待つと履歴行が増えていますね。 f:id:try_dot_net_core:20161204134710j:plain

記念すべき初回ビルド#1の詳細内容は、ビルド履歴行の左端のをクリックすると出てきます。
f:id:try_dot_net_core:20161204135442j:plain

ユーザー05rwが実行
ビルドします。 ワークスペース: /home/webroot/jenkins/data/workspace/dotnet_sample_build
 > git rev-parse --is-inside-work-tree # timeout=10
Fetching changes from the remote Git repository
 > git config remote.origin.url http://git.centos7.local/git/05rw/dotnet_sample.git # timeout=10
Fetching upstream changes from http://git.centos7.local/git/05rw/dotnet_sample.git
 > git --version # timeout=10
using GIT_ASKPASS to set credentials 
 > git fetch --tags --progress http://git.centos7.local/git/05rw/dotnet_sample.git +refs/heads/*:refs/remotes/origin/*
 > git rev-parse refs/remotes/origin/master^{commit} # timeout=10
 > git rev-parse refs/remotes/origin/origin/master^{commit} # timeout=10
Checking out Revision c303273cfc10f328edfb4ab4d97cc965b949592c (refs/remotes/origin/master)
 > git config core.sparsecheckout # timeout=10
 > git checkout -f c303273cfc10f328edfb4ab4d97cc965b949592c
 > git rev-list c303273cfc10f328edfb4ab4d97cc965b949592c # timeout=10
[dotnet_sample_build] $ /bin/sh -xe /tmp/hudson9163061906313740256.sh
+ dotnet restore /home/webroot/jenkins/data/workspace/dotnet_sample_build/src/WebApplication1/
log  : Restoring packages for /home/webroot/jenkins/data/workspace/dotnet_sample_build/src/WebApplication1/project.json...
log  : Restoring packages for tool 'BundlerMinifier.Core' in /home/webroot/jenkins/data/workspace/dotnet_sample_build/src/WebApplication1/project.json...
log  : Restoring packages for tool 'Microsoft.AspNetCore.Razor.Tools' in /home/webroot/jenkins/data/workspace/dotnet_sample_build/src/WebApplication1/project.json...
log  : Restoring packages for tool 'Microsoft.AspNetCore.Server.IISIntegration.Tools' in /home/webroot/jenkins/data/workspace/dotnet_sample_build/src/WebApplication1/project.json...
log  : Writing lock file to disk. Path: /home/webroot/jenkins/data/workspace/dotnet_sample_build/src/WebApplication1/project.lock.json
log  : /home/webroot/jenkins/data/workspace/dotnet_sample_build/src/WebApplication1/project.json
log  : Restore completed in 9050ms.
+ dotnet build /home/webroot/jenkins/data/workspace/dotnet_sample_build/src/WebApplication1/
Project WebApplication1 (.NETCoreApp,Version=v1.0) will be compiled because expected outputs are missing
Compiling WebApplication1 for .NETCoreApp,Version=v1.0

Compilation succeeded.
    0 Warning(s)
    0 Error(s)

Time elapsed 00:00:02.1568893
 

+ systemctl stop dotnet_sample
+ dotnet publish /home/webroot/jenkins/data/workspace/dotnet_sample_build/src/WebApplication1/ --configuration Release --output /home/webroot/dotnet_sample/bin
Publishing WebApplication1 for .NETCoreApp,Version=v1.0
bower ESUDO         Cannot be run with sudo
Additional error details:
Since bower is a user command, there is no need to execute it with superuser permissions.
If you're having permission errors when using bower without sudo, please spend a few minutes learning more about how your system should work and make any necessary repairs.
http://www.joyent.com/blog/installing-node-and-npm
https://gist.github.com/isaacs/579814
You can however run a command with sudo using --allow-root option
Bundling with configuration from /home/webroot/jenkins/data/workspace/dotnet_sample_build/src/WebApplication1/bundleconfig.json
Processing wwwroot/css/site.min.css
  Bundled
  Minified
Processing wwwroot/js/site.min.js
  Bundled
Project WebApplication1 (.NETCoreApp,Version=v1.0) will be compiled because expected outputs are missing
Compiling WebApplication1 for .NETCoreApp,Version=v1.0

Compilation succeeded.
    0 Warning(s)
    0 Error(s)

Time elapsed 00:00:02.0746785
 

Configuring the following project for use with IIS: '/home/webroot/dotnet_sample/bin'
Updating web.config at '/home/webroot/dotnet_sample/bin/web.config'
Configuring project completed successfully
publish: Published to /home/webroot/dotnet_sample/bin
Published 1/1 projects successfully
+ systemctl start dotnet_sample
Finished: SUCCESS

参考:
dotnet-restore
dotnet-build
dotnet-publish

GitBucketがJenkinsをキックするように

Jenkinsの手動ビルドはできたんですが、まだです。
WebHookを利用して、GitBucketからJenkinsに通知を送るようにしないと、やはりJenkinsさんはひまぷーなままです。

Jenkinsが受け取るWebHookURLは、ジョブ設定ビルド・トリガのヘルプメッセージに書いてあります。
http://your.jenkins.host/jenkins/gitbucket-webhook/とな。
URLの中の/jenkins/はデフォルトのプレフィクスなので、ウチでは使いません。
設定するURLは、http://jenkins.centos7.local/gitbucket-webhook/ となりますね。
f:id:try_dot_net_core:20161204144823j:plain

GitBucketに戻ります。
左ペインのdotnet_sampleリポジトリを開きます。
f:id:try_dot_net_core:20161204145611j:plain

リポジトリ詳細画面の左ペインから、Settinsgを開きます。
f:id:try_dot_net_core:20161204145749j:plain

右ペインがリポジトリ設定に切り替わるので、Service Hooksタブを開いて「Add Webhook」を押します。
f:id:try_dot_net_core:20161204150054j:plain

WebHook編集画面が出てきます。
PayloadURLへ、先ほどのJenkins側WebHookURLを入力します。
その他はデフォルトですね。
f:id:try_dot_net_core:20161204150341j:plain

「Add Webhook」ボタンを押すと、WebHookが作られました。
f:id:try_dot_net_core:20161204150609j:plain

自動化されたか、試してみる

さて、Jenkinsさんがキチンと労働しているか、確かめてみましょう!

現状のdotnet.centos7.localの表示は、こんな感じ。
Visual Studioが作ったテンプレートそのままです。
f:id:try_dot_net_core:20161204141415j:plain

開発用Windows機の方で、このプロジェクトを開いて編集してみましょう。
f:id:try_dot_net_core:20161204141629j:plain

Visual Studio 2015 Update3 で、プロジェクトのViews/Shared/_Layout.cshtmlを開きます。
f:id:try_dot_net_core:20161204142518j:plain

<body>直下に、<div>を差し込んでみました。
f:id:try_dot_net_core:20161204150910j:plain

保存してコミット&プッシュします。
f:id:try_dot_net_core:20161204151128j:plain

おや、Jenkinsさんに反応が。
f:id:try_dot_net_core:20161204151310j:plain

ブラウザから、ASP.NET Coreアプリを見てみます。
f:id:try_dot_net_core:20161204152950j:plain

なんかテキストが、割り込んでますね!!!

長かったですが、これでやっと!
WindowsVisual Studioを操作するだけで、Linux上のASP.NET Coreアプリが更新されるようになりました。
お手軽に、なったぞー!!



今回分のソースコードはこちら。
Jenkinsによる自動ビルド確認のため、ViewのHTMLを書き換えています。
github.com